蝶のアイコン

本の検索

書籍検索

ジャンル:

子ども理解

5歳児の協同的学びと対話的保育

年齢別保育研究

一人ひとりの「心地よい
背伸び」にこだわる保育

  • 発行日

    2005年8月

  • ISBN

    978-4-89464-087-0

  • 判型

    A5判

  • ページ数

    216ページ

  • 定価

    1980円(本体1800円+税)

内容

全国的に指摘されている年長保育の困難にこたえる試みとして、子ども自身の「必要性」から活動を出発・発展させ、子どもの「心地よい背伸び」を保障することにこだわった5歳児クラスの一年をとりあげ、幼児後期の「協同的学び・対話的保育」の理論と実践を明らかにする。

目次

はじめに
第1章 5歳児の取り組んだ新潟中越地震支援プロジェクト
   1 公開保育は、ギンナンの袋詰め
   2 やよいとさゆりが持ってきた新聞の切り抜き記事をきっかけに
   3 ギンナンを拾ってお金を送ろう
   4 新潟で地震さえなければ拾わなくてもよかったのに
   5 ギンナンを売ったお金で、ポップコーン用のトウモロコシを買う
第2章 対話的関係の中で創りだされた幼児後期の協同的な学び
   1 対話的関係を基礎に展開された5歳児保育
   2 「必然性」と「必要性」にこだわって取り組んだウサギの当番活動
   3 ウサギ当番はじゃんけんで
   4 海賊の小屋をつくろう
   5 ぼくもなりたい! 虫博士
   6 カッパと出会った子どもたち
第3章 「誘導」と「対話」と「袋小路に追い込む話し合い」と(保育者の願いが先行して開始された「池再生プロジェクト」
   1 保育者の願いが先行して開始された「池再生プロジェクト」
   2 池の存在に気づかせ、つくり直す「必要性」を自覚させる取り組み
   3 ならさ、つくり直せばいいんだよ
   4 池再生のための作業を開始する
   5 池再生に向けて、再び思いをふくらませる
   6 カッパの願いに応えて、池の周囲にドングリを植える
   7 カッパを怖がる子どもたち、小川芋銭の絵に出会う
   8 子どもたち、池に橋を架ける
   9 「対話的関係」と「袋小路に追い込む話し合い」との間
   10 幼児後期の子どもの発達における「学び」と「遊び」の関係
   11 幼児期の「学び」における「生活的概念」と「科学的概念」
   12 幼児の「学びの多様性」と保育者の指導の多様性
   13 幼児の「協同的学び」における「個」と「集団」の関係
第4章 活動を支える保育者の学び(保育の背景としての保育者
   1 保育の背景としての保育者
   2 保育への疑問に向きあい続ける
   3 保育者間で話し合うこと
   4 要求のことばを聞くために――「待つ」こと
   5 聞き、語ることの意味
   6 要求のことばを聞くために――実践記録をとること
   7 保育者の学びと知的興奮
   8 真剣なおとなたち
   9 翌年度の課題
おわりに

著者の略歴

加藤繁美(かとう しげみ)
1954年、広島県生まれ。名古屋大学大学院教育学研究科博士前期課程修了。大学院では教育行政及び制度研究室に所属し、保育・幼児教育制度に関する研究を展開するとともに、保育実践の理論的・構造的研究に取り組む。博士後期課程在学中に山梨大学教育学部講師として着任。同大学助教授、教授を経て、2018年退職。山梨大学名誉教授。2018年より東京家政大学子ども学部教授。
おもな著書に、『子どもの自分づくりと保育の構造』(ひとなる書房、1997年)、『子どもへの責任』(ひとなる書房、2004年)、『保育者の現在』(共著、ミネルヴァ書房、2007年)、『対話的保育カリキュラム〈上・下〉』(ひとなる書房、2007・2008年、2010年日本保育学会保育学文献賞受賞)、『子どもとつくる保育年齢別シリーズ(0~5歳児保育)』(監修、ひとなる書房、2011~2016年)他多数。

秋山麻実
1970年生まれ。東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。山梨大学教育人間科学部助教授。

読者からの声

読者の声を入力してください。

コメントはこちらから

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。