蝶のアイコン

本の検索

書籍検索

ジャンル:

保育の理論・研究

早期教育が育てる力奪うもの

著・編: 加藤繁美

「早期教育」の問題点と、
子育ての向かうべき方向を示す

  • 発行日

    1995年 1月

  • ISBN

    978-4-938536-82-4

  • 判型

    A5判

  • ページ数

    148ページ

  • 定価

    1430円(本体1300+税)

内容

「公文式」「井深式」「鈴木式」…過熱する早期教育。「知的早期教育」によって「人間性・かしこさ」は育っているのか。教育産業が煽っている「早期教育」の問題点と、多様化する子育ての向かうべき方向を指し示す。頼る前にこれだけは考えておきたい。

目次

1 早期教育がつれてきた社会
2 二歳児に焦点をあてて展開される早期教育の現実
3 乳幼児期の発達課題からみた早教育理論の危険性
4 芸術・スポーツ分野の早期教育をどう考えるか
5 子どもには大人とちがう物語がある
6 幼児期に育てたい人間らしさの“芯”の部分

著者の略歴

加藤繁美(かとう しげみ)
1954年、広島県生まれ。名古屋大学大学院教育学研究科博士前期課程修了。大学院では教育行政及び制度研究室に所属し、保育・幼児教育制度に関する研究を展開するとともに、保育実践の理論的・構造的研究に取り組む。博士後期課程在学中に山梨大学教育学部講師として着任。同大学助教授、教授を経て、2018年退職。山梨大学名誉教授。2018年より東京家政大学子ども学部教授。おもな著書に、『子どもの自分づくりと保育の構造』(ひとなる書房、1997年)、『子どもへの責任』(ひとなる書房、2004年)、『保育者の現在』(共著、ミネルヴァ書房、2007年)、『対話的保育カリキュラム〈上・下〉』(ひとなる書房、2007・2008年、2010年日本保育学会保育学文献賞受賞)、『子どもとつくる保育年齢別シリーズ(0~5歳児保育)』(監修、ひとなる書房、2011~2016年)他多数。

読者からの声

読者の声を入力してください。

コメントはこちらから

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。