人なる書房イラスト スプラッシュ時のワード

保育園はどう変わるべきか

著・編: 村山祐一

「保育制度見直し」の本当の
ねらいはどこにあるのか

  • 発行日

    1993年 9月

  • ISBN

    978-4-938536-65-7

  • 判型

    A5判

  • ページ数

    254ページ

  • 定価

    2136円(本体1942+税)

内容

厚生省の「保育制度見直し」の本当のねらいはどこにあるのか! その背景と本質を鋭く解明するとともに、明日の保育園のあり方を明確に示しながら、今日の保育問題にこたえる保育関係者必読・待望の書!

目次
著者の略歴

村山祐一(むらやまゆういち)
1942年生まれ。1969年法政大学大学院社会科学研究科修士課程修了、社会福祉法人加須福祉会三俣保育園園長、保育研究所所員などを経て、現在、保育学研究者・保育問題アナリスト、保育研究所所長、社会福祉法人加須福祉会理事長、同福祉会みつまたエコ・エデュケアーセンター代表。

読者からの声

読者の声を入力してください。