蝶のアイコン

本の検索

書籍検索

ジャンル:

保育記録

保育を変える 記録の書き方 評価のしかた

著・編: 今井和子

今日からすぐに役立つ!
記録と評価・研修のとりくみ方

  • 発行日

    2009年6月

  • ISBN

    978-4-89464-133-4

  • 判型

    A5判

  • ページ数

    224ページ

  • 定価

    1870円(本体1700円+税)

内容

保育の質の向上が求められる中で、保育現場の最大関心事となっている記録と評価・研修のとりくみ方を、豊富な事例と実践をもとに、誰にもわかりやすくアドバイス。今日からすぐに役立つ!

目次

はじめに
序章……保育の向上と「記録・評価」
1章……日誌の書き方と評価
   1 日誌の役割
   2 0歳児クラスの日誌の書き方と評価
   3 1歳児クラスの日誌の書き方と評価
   4 2歳児クラスの日誌の書き方と評価
   5 3歳児クラスの日誌の書き方と評価
   6 4歳児クラスの日誌の書き方と評価
   7 5歳児クラスの日誌の書き方と評価
   8 異年齢クラスの日誌の書き方と評価
2章……子育て支援になる連絡帳
   1 連絡帳の意義と役割
   2 保護者との相互信頼を育む連絡帳の書き方
3章……実践記録の書き方と評価
     実践記録とは?
     テーマに繰り出し
     どう書くか? 他
4章……保育士等の自己評価
     子どもの実態(姿)を根底にした評価
     「子どもの姿をどう見るか?」日誌による自己評価 他
5章……自己評価から園の評価へ――考え方、とりくみ方
     評価の意味とその必要性
     評価の視点は保育の視点 他
6章……園内研修・討議のとりくみ
   1 園内研修の考え方・すすめ方
   2 幼児グループで連続の事例検討に取り組む
   3 園内討議と主任保育士の役割
おわりに
資料……保育所における自己評価ガイドライン 

著者の略歴

今井和子
世田谷区立保育園と川崎市立保育園で23年間保育士として働く。十文字学園女子短期大学部・お茶の水女子大学講師、東京成徳大学教授、立教女学院短期大学教授を歴任。「全国子どもとことば研究会」代表。

読者からの声

読者の声を入力してください。

コメントはこちらから

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。