人なる書房イラスト スプラッシュ時のワード

ジャンル:

保育の読み物

響き合う子どもたち

共に創る保育の場から

著・編: 遠山洋一

小さいもの、ふぞろいなものが
居合わせる豊かさ

  • 発行日

    2022年4月

  • ISBN

    978-4-89464-286-7

  • 判型

    四六判

  • ページ数

    208ページ

  • 定価

    1870円(本体1700円+税)

内容

 東京都多摩市・バオバブちいさな家保育園の園長だよりから生まれた本です。50年におよぶ歴史を刻む姉妹園や前身園の積み重ねを引き継ぎながらも、移転を機に、「その時その場に集まった子どもと親と保育者」の手によって「ゼロベース」で保育をつくりだしていこうと再出発した2014年度から、日常を脅かされる中だからこそ日常の彩りを大切にしようと奮闘するコロナ禍において発信されたメッセージを収録しています。
 毎回の園長だよりの中心におかれているのは、保育者たちが等身大の言葉で綴ったエピソードです。やわらかなつむじ風を巻き起こす子どもたちと、そんな子どもたちの「今」を支えようと一緒に喜び、笑い、立ち止まるおとなたち。その場を包む日差しのぬくもりや、落ち葉を踏む音まで伝わってくるような臨場感あふれる描写から、子どももおとなも、一人ひとりが大切にされ、響き合う保育はいかにしてつくられるのか、そのヒントが見えてきます。
 巻末には、エピソードの書き手である職員の手記や、上町しぜんの国保育園園長の青山誠氏による寄稿「抑制的であること、あるいは遠山さんの『間』より」も収録しています。

目次

第1章 保育の場をつくる
第2章 「自分」を守る 「自分」を育てる
第3章 からだと心
第4章 生命を繋ぐ

著者の略歴

遠山洋一(とおやま よういち)
1973年に東京都多摩市に「バオバブ保育園」を開設、2001年に「バオバブ保育園ちいさな家」を開設(2014年に移転、「バオバブちいさな家保育園」に改称)、2021年3月まで園長。現在、社会福祉法人バオバブ保育の会理事。

読者からの声

読者の声を入力してください。

書籍に関する感想、コメントはこちらから

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

次回のコメントで使用するためにお名前、メールアドレスをブラウザに保存いたします