◎ 子どもの発達

書籍注文

9月28日発売! 只今、予約注文受付中!

保育とアタッチメント

~幸せな人生につながる土台づくり

上野永子・岡村由紀子・松浦 崇/著
A5判・128頁・定価1,430円(本体1,300円+税)
ISBN978-4-89464-288-1

著者からのメッセージ……この本を送り出すにあたって

 一人でどうしようもない状況になったとき、周囲に助けを求めたら、気持ちに共感して助けてくれた」という経験がもたらすものは、他者への“依存心”ではありません。「困った状況になっても、自分の気持ちを理解して助けてくれる人がきっといる。だから大丈夫」という“安心感”です。そんな“安心感”は、未知の世界に足を踏み出し、いろいろなことに挑戦することに誘ってくれるでしょう。安定したアタッチメントを形成すること、“安心感”をもって生きることは、一人の人に生涯にわたって利益をもたらすのです。そして、自分の気持ちを共感してもらえた経験は、今度は自分が他者の気持ちに共感することを支えます。一人の“安心感”は、他の誰かの“安心感”につながっていくのですね。こうした“安心感”について、実証研究を積み重ね、追究しているのがアタッチメント研究です。
 本書では、安定したアタッチメントはいかに形成されるのかという視点から、保育について考えてみました。そこから見えてきたことは、保育は、保育士と保護者だけでは成立しない、つまり社会のあり様を無視できないということでした。私たち大人が、既存の制度や価値観、生活スタイルを、もっと生きやすく安心できるものへと変えていくことが、保育における安定したアタッチメントの形成にも貢献するのです。そして、そうして育った子どもたちもまた、安心感あふれる社会をつくっていく一員に加わってくれるでしょう。このことは、本書に登場する園児たちが教えてくれています。
 本づくりの最中に、新たな戦争がはじまってしまいました。“安心感”がある人によって構成される家族、地域、国、世界には、暴力も、紛争も、テロも、戦争もないはずです。しかし、今の世界には暴力も紛争も、テロも、戦争も存在します。そんな今だからこそ、一人ひとりが“安心感”について考えることが必要なのではないでしょうか。一日も早く、世界中の子どもたちに、心の底からの安心が訪れることを心から願っています。
2022.09.28 著者一同

戻る  書籍注文