◎ 神田英雄先生の本

書籍注文

続・保育に悩んだときに読む本

続・保育に悩んだときに読む本

発達のドラマと実践の手だて

神田英雄/著
A5判・176頁・定価(本体1600円+税)
ISBN978-4-89464-187-7

好評書『保育に悩んだときに読む本』の姉妹本。子どもの「できなさ」が気になって、子どもをかわいいと思う気持がしぼんでしまう。まわりからの評価がプレッシャーで、保育園に行くのがつらくなる。そんなときにぜひ読んでほしい一冊。子どもが育ち、保育者が育つ源となる喜びや楽しさは、保育の中でどうつくり出していけるのか。保育者へのやさしさあふれる応援メッセージです。

1「子どもを喜ばせたい」からはじまる保育・子育て
2「〜を育てたい」をひとまず脇において
3「甘えつつ自立する」を保障する
4「自分をコントロールする力」はどう育つか
5 保育者の力になるカンファレンス


保育に悩んだときに読む本
保育に悩んだときに読む本
発達のドラマと実践の手だて
神田英雄著

若手もベテランも、保育という仕事が好きだから、育ちゆく子どもとともに「保育力量」を磨き続けたい。現場を知り尽くした著者が、保育者の目線から解き明かす、発達のドラマの実践の手だて。

もくじ
第1章 あそびからはじまる      保育者としてのはじまり、一年のはじまり
第2章 “いっしょが楽しい”を育てる  夏頃までの保育でめざすこと
第3章 トラブルを越えた先に育つもの
第4章 “大きくなりたい”を応援するとは? 発達の見える側面と見えにくい側面

保育者自身の育ちは、保育力量を向上させていくことと言ってもよいかもしれません。しかし、保育力量は技術や知識だけではないはずです。子どもといっしょに喜んだり、感動したり、時には苦しんだり、自分自身に悩んだり……そういう心の揺れ動きの中から生まれてくる人間性の深まりこそ、本当の意味での「保育力量」=「子どもを大切に見守り導く力」だと私は考えます。(「はじめに」より)

●978-4-89464-110-5 A5判・本体1600円+税


はじめての子育て 育ちのきほん――0歳から6歳

はじめての子育て 育ちのきほん

――0歳から6歳

神田英雄 著
子育て真っ最中のママ・パパに贈る16話のプレゼント。0歳から学童期まで見通した発達の道筋を、年齢ごとに「かしこさ」「自我」「友だち」の3つの視点からやさしく解説。子育て支援・保護者会の資料にも最適!
●ISBN978-4-89464-125-9 A5判・定価(本体1000円+税)

戻る  書籍注文