◎ 保育の実践力を高めるために

書籍注文

子どもも大人も元気になる保育
エピソードで学ぶ保育のエッセンス

子どもも大人も元気になる保育

ホンネの気持ちの見つけ方・支え方

萩原 光・渡辺久美子/著

B5判変形・144頁・定価(本体1600円+税)
ISBN978-4-89464-239-3

厳しい状況の中でふんばっている一人でも多くの保育士仲間に、元気でいてほしい。
そんな願いから生まれた本です。

◆1000組以上の親子カウンセリングの経験に裏づけられた目からうろこ
 の「心のメカニズム」
 ……子どもに泣かれても大丈夫。泣くことは、子どもの成長をあと押しす
    る大切な行為なのです。
◆29年の保育実践経験を通して学んだ、保育士として大事にしたい「保育
 のエッセンス」
 ……子どもたちの力を信頼し、心の葛藤に共感することから、みんなが
    元気になる楽しい保育がはじまります。
◆子どもの“ホンネの気持ち”の見つけ方・支え方が具体的にわかる24の
 珠玉のエピソード
 ……自分のクラスでもこんなことあった! 保育士の試行錯誤にひきこ
    まれ、子どもの健気さに思わずほろっと。今日から生かせる身近な
    ヒントが必ず見つかります。

おもな目次
PartT “自ら育つ力”を支える“心のメカニズム”
    1 子どもの心の中で起きていること
    2 子どものSOSと変化の兆しをつかむ
PartU 子どもの心が見えると保育が変わる
    1 安心して自分を出せる保育士と子どもの関係づくり
    2 子どもたちの底力が花ひらく活動・行事
PartV 大人も保育を楽しもう
    1 大人だって“がんばりたい”
    2 職員がつながれば、子どもは変わる
    3 保育士のストレス対策

〈著者プロフィール〉
萩原 光(はぎはら・こう)
 1956年生まれ。早稲田大学卒。千葉県でシャローム共育相談室を主宰し、多くの親子の立ち直りを援助するかたわら、雑誌の連載・講演活動などを通じて、抱っこ法の普及に力を注いでいる。自ら運営するホームページ「ぴっかりさんの子育て相談室」は、多くのお母さんたちの支持を集める人気サイトとして有名。日本抱っこ法協会理事。「子育てを一から見直すプロジェクト」メンバー。

渡辺久美子(わたなべ・くみこ)
 1963年生まれ。東京成徳短期大学卒。千葉県富津市に生まれ育つ。子ども時代は保育所をクビになるくらいの問題児。なのに保育士職に惹かれ、保育士になる。育ててもらった富津市に恩返しをしたくて、民間幼稚園に4年勤務、その後富津市公立保育所に勤め29年、現在に至る。日本抱っこ法協会公認ホルダー。「子育てを一から見直すプロジェクト」メンバー。


忘れない! 明日へ共に
発達する保育園 子ども編

子どもが心のかっとうを超えるとき

平松知子/著
A5判・208頁・定価(本体1600円+税)
ISBN978-4-89464-181-5
「荒れた・困った」姿に惑わされず、子どもたちの「本当の気持ち」にたどりつこう! そして、みんなに自分を分かってもらえている安心感を支えに、「なりたい自分」に向かって、今をのり超える力を確実に育ててあげたい。自分が好き、仲間が好き――今、日本の保育・教育の最大課題「自己肯定感」と「他者への共感力」を育てる保育がここに示される!

第1部 かっとうする子どもたちの姿と本当の気持ちにたどりつく保育
T章 これまでの保育が通用しない/U章 子ども理解の根っこを学ぶ
第2部 なりたい自分に向かって仲間の中でどんどん変わっていく子どもたち
T章 3歳児・「なかよしさん」のいる安心感/U章 4歳児・みんなが聞いてくれる、わかってくれる/V章 5歳児・自分だけじゃダメの取り組みが目白押し/終章 子どもも大人なも自分らしく  〈本書に寄せて〉・加藤繁美


忘れない! 明日へ共に
発達する保育園 大人編

大人だってわかってもらえて
安心したい

平松知子/著
A5判・224頁・定価(本体1600円+税)
ISBN 978-4-89464-184-6
親も保育者も、辛さも含めて安心して自分を出せ、互いに認め合い・学び合える関係が紡げる保育園でありたい。合い言葉は「人とのつながりを決してあきらめない」。子どもたちに「仲間っていいもんだよ」「未来ってステキだよ」って胸張って言える人でありたいから。新人だらけの職員集団と新米園長が、泣き笑いを繰り返しながら、一歩一歩発達してきた記録です。

T章 保育をするために ここに来た仲間たち
U章 親たちを受け止め励ます保育園になりたい
V章 保育の質のかなめ 職員集団
    保育者にもある発達の節目/職員集団の発達
W章 保育実践の発達――意欲を育てる給食実践
X章 誰にでも存在する苦しさの節目
    ――新米園長の反省的学び
終章 みんなが幸せになる保育園
    〈本書に寄せて〉・大宮勇雄


徹底して子どもの側に立つ保育
徹底して子どもの側に立つ保育
〜子どもの今を大切に〜

清水玲子著 ひばりの実践を研究する会編
ISBN4-89464-098-8 定価(本体2000円+税)A5並製


どんな話し合いも子どもの姿ぬきにははじめない。保育園の子どもたちみんなを、職員みんなで育てよう。行きつ戻りつしながらも、懸命に生きる子どもたち一人ひとりの今を認め、徹底してその思いをかなえようとし続ける実践から見えてきたものとは。

もくじ
T 目の前の子どもの姿から保育を変えていく
U 実践しながら子どもの思いをつかみ手だてを見いだす
V わかってもらえたと子ども自身が思えるまで
W 小宮山先生が学んだこと、小宮山先生を通して学んだこと
X 「子どもの側に立つことを徹底する」を深める

私たちの保育実践論1
保育における人間関係発達論
ひばり保育園・嶋 さな江他編著
子どものよりどころとなれる大人とは? 子どもも大人も安心できる保育園づくりを模索しつづける日々の実践・職員会議の資料から生まれた本。 4-89464-020-1 四六判・本体2000円+税
ぼくが保育に学んだこと
保育の思想
田中孝彦著
子どもたちが発し続ける根元的な「生きること」への問い。大人にできることはなにか? 今求められる「安心の場としての保育園」の内実を探る。 4-89464-018-X 四六判・本体2200円+税


戻る  書籍注文