ひとなる書房
ひとなる書房ツイッターはじめました

さめがわこどもセンター誕生物語

お知らせ
●『現代と保育』休刊のお知らせ・リニューアルについてのご意見
●【送料無料のお知らせ】2014年6月1日より、お買い上げ金額にかかわらず、送料が無料となりました。
●『忘れない! 明日へ共に――東日本大震災・原発事故と保育』の収益金について

最新刊

書籍のご注文は

書籍注文

よりお願いします。

転換期と向き合うデンマークの教育

谷 雅泰・青木真理/編著
杉田政夫・橋純一・柴田 卓・柴田千賀子・三浦浩喜/著
A5判・256頁・定価(本体1800円+税)
ISBN978-4-89464-251-5

民主的人格の形成を最優先課題とし、社会ととも歴史を刻んできたデンマークの教育現場は、グローバリゼーションへの対応を掲げる教育改革にどのように向き合っているのか。
幼児教育から職業教育まで幅広い専門領域の研究者による10年余りにわたる現地調査の集大成。

                 →詳しくはこちら
大きな共感を巻き起こした『「気になる子」と言わない保育』著者陣による第二弾!

保育実践力アップシリーズ 4

どの子にも あ〜楽しかった!の毎日を
〜発達の視点と保育の手立てをむすぶ〜

赤木 和重+岡村由紀子+金子 明子+馬飼野陽美 著

B5判並製・168頁・2色刷・定価(本体1800円+税)
ISBN978-4-89464-248-5

乳幼児に育ってほしい「力」とは何か? それは、どのような保育の中で育まれていくのか? 子ども主体の新しい発達論・保育実践論を支えに、年齢別の事例分析を通して具体的な手立てを提案します。子どもってこうやって育っていくんだね。

                 →詳しくはこちら
赤ちゃん学の最新研究と保育に役立つポイントをコンパクトにまとめた待望の書!

赤ちゃんの発達とアタッチメント
〜乳児保育で大切にしたいこと〜

遠藤利彦 著

A5判並製・120頁・定価(本体1300円+税)
ISBN978-4-89464-247-8

いつでも守ってくれる「安心と信頼の基地」があるからこそ、子どもは意欲的に外の世界に旅立てる!
人生の出発にあたって幸せに生きる力の原点となる「アタッチメントの形成」をわかりやすく紹介します。
                 →詳しくはこちら

保育白書 2017年版

全国保育団体連絡会・保育研究所/編
発行:ちいさいなかま社 発売:ひとなる書房
B5判・326頁・定価(本体2500円+税)
ISBN978-4-89464-249-2

複雑な新制度をていねいな解説+豊富なデータで明快に示す。
新たに「保育施設に対する監査・監督責任」「保育料/実費・上乗せ徴収」
「公立施設の認定こども園化」の項目も追加!
関係者必携の一冊。
                 →詳しくはこちら
子どもの権利を守る保育か、保育の市場化か──日本の保育のゆくえを問う裁判の記録

先生、ボクたちのこと
きらいになったからいなくなっちゃったの?

〜子ども不在の保育行政に立ち向かう〜

大倉得史 編著 
藤井豊・「青いとり保育園一斉解雇事件」裁判原告一同 著
A5判並製・128頁・定価(本体1300円+税)
ISBN978-4-89464-250-8

京都のまちの真ん中で、豊かな実践を積み重ねてきた京都市立病院の院内保育所「青いとり保育園」。委託先事業者の変更にともない保育は一変。全国で保育の市場化が進む中、問答無用で職場と子どもとの絆を奪われた保育者たちは、法廷で何を訴えたのか。
                 →詳しくはこちら

4歳児 葛藤をチカラに

子ども理解と大人の関わり

和光鶴川幼稚園/編著
A5判・オールカラー80頁・定価(本体800円+税)
ISBN978-4-89464-246-1

3、4、5歳――自立がはじまるこの時期、子どもたちのからだと心は、日々、目をみはるような成長を遂げていきます。とりわけ4歳児期は自分と他者との間で「対話」や「ぶつかりあい」が激しく繰り広げられる時期でもあります。丁寧に聞き取られそれぞれの言い分がつながってわかりあう。そんな体験を重ねて大事にされている自分を感じ、同じく友だちを大事にすることを学ぶのではないでしょうか。こんな子どもたちをどのように見て、大人たちはどのように関わることが大切なのか。和光鶴川幼稚園での日々の保育者と子どもの対話の中から考えあうシリーズ。最終は4歳児、、ついにこれで全3巻完結です。
                 →詳しくはこちら

どう変わる? 何が課題?
 現場の視点で新要領・指針を考えあう

大宮勇雄・川田学・近藤幹生・島本一男 編
A5判並製・144頁・定価(本体1300円+税)
ISBN978-4-89464-245-4

改定された新幼稚園教育要領、保育所保育指針の特徴は何か。現場ではどう読み、どう実践していくか。
総勢18人の研究者・実践者がポイントを突き提案する現場目線の最新解説。

                 →詳しくはこちら
保育現場に日の丸・君が代は必要か?
ひとなるブックレットbR

保育現場に日の丸・君が代は必要か?

中西新太郎 著
A5並製・64頁・定価(本体700円+税)
ISBN978-4-89464-244-7

3つの「要領・指針」に共通に盛り込まれた「国旗・国歌」規定。なぜ幼児にまで、このタイミングで、「国旗」や「国歌」に「親しませる」という文言は入ったのか。学校が経験したような「強制」は起こるのか。保育者に広がる戸惑いと違和感を出発点に、「子どもは社会をつくる主人公」の視点から考えるブックレットです。

                 →詳しくはこちら
保育力はチーム力
園力アップSeries2

保育力はチーム力

 同僚性を高めるワークとトレーニング

新保庄三+編集委員会
協力●武蔵野市/(公財)武蔵野市子ども協会
B5判・112頁2色刷・定価(本体1800円+税)
ISBN978-4-89464-243-0

同僚を知る喜び
自分を解ってもらう心地よさ
保育を語り合う楽しさが
園の文化になる
安心のコミュニティ

武蔵野市の保育園で10年間にわたって取り組んできた、ワーク・トレーニングと、その成果を紹介。

園内研修テキストに最適!

                     -> 詳しくはこちら
アメリカの教室に入ってみた
 

アメリカの教室に入ってみた

 貧困地区の公立学校から超インクルーシブ教育まで

赤木和重/著
四六判・224頁・定価(本体1700円+税)
ISBN978-4-89464-242-3

こんなにも進んでいて、こんなにも遅れている教育の国、アメリカ――発達心理学者が教室に入り込んで体験した、貧困地区の公教育の実態、さらには小さな私立学校で行われる「超インクルーシブ教育」とは。アメリカ教育の光と影を通して、日本の教育の新しいかたちを考える。
2017年1月16日発売(予約受付中)。

◎推薦します
アメリカの教育は裕福な地域だけ見てもわからない。感性豊かな発達心理学者が、極貧の地域から裕福な地域の学校にまで深く入り込み、「インクルーシブ教育とは何か」を問う稀有な一冊。
 鈴木大裕(すずき だいゆう)
 『崩壊するアメリカの公教育――日本への警告』(岩波書店)著者

                     -> 詳しくはこちら
ことばと保育[改訂版]
 実践につなぐ

ことばと保育[改訂版]

近藤幹生・寳川雅子・源証香・小谷宜路・瀧口優/著
B5判・192頁・定価(本体2000円+税)
ISBN978-4-89464-241-6

乳幼児の「ことば」をめぐって、現場経験のある執筆陣がその視点を生かしてまとめたテキスト。乳幼児のことばの発達から、保育内容としての歴史、早期教育・外国語教育といった現代の課題に至るまで、保育にかかわる「ことば」についてさまざまな角度から考察。実践とのつながりを意識し、具体的な事例を豊富に掲載。保育者をめざす学生にはもちろん、現役保育者の方々にも最適。絵本の紹介やコラム、資料を充実させた改訂版。


                     -> 詳しくはこちら
 
大阪・せんりひじり幼稚園の歩みと挑戦

子どもに至る

保育者主導保育からのビフォー&アフターと同僚性

安達譲・安達かえで・岡健・平林祥/著

B5判・160頁・定価(本体2000円+税)
ISBN 978-4-89464-240-9
教える保育者から、学びの保育者へ。
私たちは何を、どう、変えてきたか。
                     -> 詳しくはこちら
子どもも大人も元気になる保育
 
エピソードで学ぶ保育のエッセンス

子どもも大人も元気になる保育

 ホンネの気持ちの見つけ方・支え方

萩原 光・渡辺久美子/著

B5判変形・144頁・定価(本体1600円+税)
ISBN978-4-89464-239-3

大人を困らせる子どもほど、
繊細でやさしい気持ちや、
「ちゃんとがんばりたい」という“ホンネ”を
心の奥に隠し持っています。

“気になる行動”の裏側にある“ホンネの気持ち”が見えてくると、
子どもと保育士の心が響き合いはじめます。
すると、子どもはどんどん変わっていきます。
そしてそれは、保護者や職員同士の関係でも同じ。
だれもが楽しく、自分の力を発揮できる保育をつくる秘訣を、
24のとっておきエピソードを通してお伝えします。

心の奥にある“ホンネの気持ち”は、
みんながつながり、みんなが元気になるための、
大切な“宝物”なのです。


                     -> 詳しくはこちら
保育白書 2016年版

保育白書 2016年版

全国保育団体連絡会・保育研究所/編
発行:ちいさいなかま社 発売:ひとなる書房
B5判・324頁・定価(本体2500円+税)
ISBN978-4-89464-238-6

最新データと資料が充実、保育をめぐる情勢を詳しく解説。
特集「保育園落ちた、日本死ね!!!」の衝撃 他

                     -> 詳しくはこちら
子どもとつくる3歳児保育

子どもとつくる3歳児保育

イッチョマエ!が誇らしい

加藤繁美/監修
塩崎美穂/編著
B5判・192頁・定価(本体2200円+税)
ISBN978-4-89464-231-7

毎日を新鮮に生きる「おもしろいことが大好き」な3歳児。一方で急に大きくなった集団に不安定になることも。安心の基盤を築きつつ、子どもたちとともに「おもしろいこと」をつくる。ていねいさとゆるさを合わせ持つ保育と職員関係づくりに引き込まれます。

                     -> 詳しくはこちら
保護者支援・対応のワークとトレーニング

保護者支援・対応のワークとトレーニング

トラブルを防ぐ、おおきくしない、心地よい信頼関係をつくる

新保庄三+田中和子/編著
B5判・128頁2色刷・定価(本体1800円+税)
ISBN978-4-89464-235-5

支援を必要とする保護者や対応のむずかしい保護者が増えています。
苦手な保護者がいても、いいのです。
でも、保育のプロならば、
トラブルを防ぐ、大きくしない、心地よい信頼関係をつくる──
そのための、スキルを身につけたい。

                     -> 詳しくはこちら
子どもとつくる4歳児保育

子どもとつくる4歳児保育

揺れる心をドラマにかえて

加藤繁美/監修
齋藤政子/編著
B5判・192頁・定価(本体2200円+税)
ISBN978-4-89464-232-4

世界を「科学」し「哲学」しながら生きる4歳児。モノとモノ、自分と他者、現在と未来との間の関係に気づき、「論理」を見出そうとするのです。揺れながら自分の頭と五感で世界を広げていく4歳児の思考の中に、保育をおもしろくする糸口がひそんでいます。

                     -> 詳しくはこちら
子どもとつくる5歳児保育

子どもとつくる5歳児保育

本気と本気がつながって

加藤繁美/監修
山本理絵/編著
B5判・192頁・定価(本体2200円+税)
ISBN978-4-89464-233-1

本物志向で物事に取り組み、仲間と協同する力が育つ5歳児。子どもの声から立ち上がり、子どもの参画のもとに展開していくプロジェクトや協同的活動など、仲間とともに探究し、未来を切り開く活動に本格的に向き合うスタートラインに立つのが5歳児保育です。

                     -> 詳しくはこちら
5歳児 誇りを輝きに

5歳児 誇りを輝きに

子ども理解と大人の関わり
和光鶴川幼稚園/編著
A5判・オールカラー80頁・定価(本体800円+税)
ISBN978-4-89464-230-0

人間の一生の中でも、その成長の土台を耕し、大きく発達する幼児期。そのかけがえのない時代の子どもたちをどのように見て、大人たちはどのように関わることが大切なのか。和光鶴川幼稚園での日々の保育者と子どもの対話の中から考えあうシリーズの第2弾は、幼稚園最上級生の5歳児にスポットを当てました。(『4歳児』続刊予定)


                     -> 詳しくはこちら
現代と保育92号

現代と保育 92号

『現代と保育』編集部/編
A5判・176頁・定価(本体1200円+税)
ISBN978-4-89464-229-4

特集 みんなでつくる保育の未来

『現代と保育』は37年にわたり、現代社会における保育の諸問題について、そのさなかに身を置く一人として考え発信していきたいと、さまざまなテーマに挑戦してきました。休刊前最終号の区切りとして、視点を「明日」へ向けたいと思います。大切にしつづけていきたいことは、他ならぬ実践現場から出発すること。そしてまだ手をつなげていない人ともつながること。今の時代に保育者であることの希望を探るべく、今号は「特集」の枠も飛び越えて、連載担当のみなさんにも、このテーマを意識して執筆していただきました。
 各地域・領域で、これからの保育、具体的な保育内容について検討していく際の議論の素材にしていただけましたら幸いです。

                     -> 詳しくはこちら
保育白書 2015年版

保育白書 2015年版

全国保育団体連絡会・保育研究所/編
発行:ちいさいなかま社 発売:ひとなる書房
B5判・312頁・定価(本体2500円+税)
ISBN978-4-89464-227-0

最新資料とグラフ満載、保育をめぐる情勢を詳しく解説。
特集:新制度スタート なにが変わった? 他

                     -> 詳しくはこちら
保育白書 2015年版

ポイント解説
子ども・子育て支援新制度

活用・改善ハンドブック
保育研究所/編
発行:ちいさいなかま社 発売:ひとなる書房
A5判・144頁・定価(本体1300円+税)
ISBN978-4-89464-226-3

「新制度がスタートしたから終わりというのではなく、問題や矛盾を抱えた新制度についてそれぞれの現場で検証し、具体的な改善を求めていくこと、そうした実践や活動を制度全体の改善につなげていくこと――そこに私たちの課題があります」(「刊行にあたって」より)。
                     -> 詳しくはこちら
保育白書 2015年版

日本の保育労働者

──せめぎあう処遇改善と専門性
垣内国光・義基祐正・川村雅則・小尾晴美・奥山優佳/著
A5判・224頁・定価(本体2,800円+税)
ISBN978-4-89464-225-6

 たとえ制度や労働条件が整っていなくても、目の前の切羽詰まった親子は見過せず、わが身を削るようにして保育を続けてきた日本の保育労働者たち。この構造は、保育の市場化が急速に進む今日、どれほど変わったと言えるだろうか。
 保育労働の歴史と現状を、保育者の内発性と外的条件の両面から丹念に描き出すことで、保育者の専門性を形づくるものは何かを問う。
                     -> 詳しくはこちら
1・2歳児の自己肯定感
年齢別保育研究

1・2歳児の自己肯定感の土台を育む

──泣いて笑って育ちあう16人の物語
芦澤清音+バオバブ霧が丘保育園/著
A5判・224頁・定価(本体1800円+税)
ISBN978-4-89464-224-9

仲良く遊んでると思ったらもうケンカ。
ちょっと目を離せば手が出る・口が出る……
それなのに顔を合わせれば笑いがたえない保育者たち。
そのひみつは「楽しいことを書き残す」毎日の保育記録にあった!


                     -> 詳しくはこちら
響きあういのちの躍動
子どもに学んだ和光の保育 葛藤編

響きあういのちの躍動

鈴木秀弘+和光保育園職員 森眞理/著
A5判・224頁・定価(本体1800円+税)
ISBN978-4-89464-222-5

子どもは、その主体性の発揮を存分に保障され、生活と遊びの主人公として尊重された時、私たちの想像をはるかに超えた豊かな学びの物語を自らの内に紡いでいきます。そのために、子どもたちの可能性を信じて葛藤する和光の大人たちの姿は感動的です。(6月中旬発売)

                     -> 詳しくはこちら
育ちあいの場づくり論
子どもに学んだ和光の保育 希望編

育ちあいの場づくり論

鈴木まひろ 久保健太/著
A5判・224頁・定価(本体2000円+税)
ISBN978-4-89464-223-2

新制度元年、現場から明日の社会と保育への希望を発信する――和光保育園が探し求めてきた実践と理念は、「子どもの権利条約の時代」にふさわしい保育・教育を求める世界の潮流の中にあって、きっとキラキラと輝く希望の星となることでしょう。(6月中旬発売)


                     -> 詳しくはこちら
遊びの保育の必須アイテム
発達保障と安楽さの追求は表裏一体!――発達心理学者が挑んだ「保育の質」論

「遊びの保育」の必須アイテム

保育のなかの遊び論 PART2
加用文男/著
A5判・232頁・定価(本体1800円+税)
ISBN978-4-89464-220-1

保育という営みを一言で表せば、それは安楽さの追求です。
子どもたちだけでなく、保護者にとっても、職員にとっても、そうであるような園であること。
実際にはかなりハードルの高い目標です。
さらに子どもたちは成長途上にある活力存在なのでただ問題なく過ごしているだけでは本当の安楽さは味わえません。子どもたちの活力を十分に生かす毎日が求められます。
発達保障と安楽さの追求は表裏一体です。(「はじめに」より)

                     -> 詳しくはこちら
ごっこ遊び
自然と格闘し、仲間の中で揺れ動く──ごっこの秘密と極意を愉快に読み解く!

ごっこ遊び

自然・自我・保育実践
河崎道夫/著
A5判・280頁・定価(本体2800円+税)
ISBN978-4-89464-221-8

子どもたち一人ひとりのかけがえのない自我は、無限の多様性をはらむ現実世界との格闘の中でこそ豊かに育まれる。園庭で、路地で、はらっぱで……
身近な自然や仲間とともに縦横無尽に湧き出る「ごっこ遊び」はその格好の舞台。
子どもは「ごっこ」で何をおもしろがっているの? 他の活動や遊びとの関係は? 
実践に学び実践に生きる研究にこだわり続けてきた著者が、愉快な事例の数々を紹介しながら、「ごっこ遊び」のひみつを解き明かす。

                     -> 詳しくはこちら
001
幼児担任にうれしい就学への見通しや保護者対応に必要な視点も

幼児期の発達と生活・あそび

長瀬美子/著
ちいさいなかま社/発行 ひとなる書房/発売
A5判・160頁・定価(本体1500円+税)
ISBN978-4-89464-219-5

大好評「乳児」に続く「幼児期」編。
幼児期で大切にしたい揺れや憧れ、仲間関係とは?

                     -> 詳しくはこちら
現代と保育91号

現代と保育 91号

『現代と保育』編集部/編
A5判・176頁・定価(本体1200円+税)
ISBN978-4-89464-218-8

特集 今と向き合う新米園長奮戦記

制度も、日々の実践も、一つひとつ検討をせまられる「保育の変わり目」としての今。ここ数年、分園や新園の立ち上げ、運営主体の変更、世代交代など、さまざまな事情で職場の体制が大きく変わったという方や、園長を引き受けることになったという方が、本誌読者の中でも増えているようです。新しい時代の新たな園づくり。これまでだれも経験したことのないむずかしさや大変さに直面しながら、「新米園長」たちは何に悩み、何を願い、何を切り拓きつつあるのでしょうか。

                     -> 詳しくはこちら
 改訂4版

資料でわかる 乳児の保育新時代

   
乳児保育研究会/編著
B5判・168頁・定価(本体1800円+税)
ISBN978-4-89464-217-1

2015年4月から実施される「子ども・子育て支援新制度」に対応した改訂版。
毎年多くの保育者養成校で採用されているテキストです。
初版(1994年)から4度目の改訂となるロングセラー。

                     -> 詳しくはこちら
公民館職員の仕事

公民館職員の仕事

   〜地域の未来づくりと公民館の役割〜
片野親義/著
A5判・260頁・定価(本体2000円+税)
ISBN978-4-89464-216-4

明日につながる地域づくり、ますます高まる公民館の役割!
今こそ、住民から信頼される公民館職員のあり方を問う!

 現在、日本には一万五千を超える公民館があり、年間の延べ利用者は実に二億人を越えている。また、その存在は海外からもあつく注目されている。
 これからの成熟社会の重要なキーワード、地域の未来づくりの大事な学び、発信の場であり、災害時だけではなく、地域社会のネットワークの核として大きな役割を担いうる公民館。
 本書は、社会教育・公民館一筋に従事してきた著者による、現場からの公民館及び公民館職員論の集大成である。誕生時の使命からひもとき、今日までの社会的役割、今そして、これからの職員にもっとも求められることは何かを明快に示す、関係者必携の一冊です。

                     -> 詳しくはこちら

※ 小社の本をご希望の際には、お近くの書店にご注文いただくか、当ホームページよりお申し込みいただけます。下の「書籍注文」ボタンより先にすすんでください。小社よりお送りする場合は、送料は無料です。

◎ 新要領・指針に関する本
◎ 赤木和重先生の本
◎ 今井和子先生の本
◎ 加藤繁美先生の本
◎ 神田英雄先生の本
◎ 東日本大震災と保育
◎ 劇づくりと平和教育
◎ 描画活動
◎ 子どもの発達
◎ 園内研修
◎ 保育の実践力を高めるために
◎ 園力アップSeries
◎ 子どもに学んだ和光の保育
◎ 子どもの健康・病気
◎ 年齢別シリーズ(子どもとつくる保育)
◎ 保育実践力アップシリーズ
◎ 大宮勇雄先生の本
◎ 赤ちゃん学カフェ
◎ 新しい保育をつくる教科書ラインアップ
◎ 保育所運営・制度問題・保育労働
◎ 食育実践・食問題
◎ 保育の教室シリーズ 保育をめぐるホットな課題を平易に解説する新シリーズ
●園と研究者を結ぶ保育総合理論・実践誌
実践と研究を結び、あすの保育をひらく


書籍注文

◎ 新保育論シリーズ 実践と理論をむすぶ新しい「保育論」構築のための理論書シリーズ
◎ 子どもとことば
◎ 保育こんなときどうするシリーズ (現代と保育編集部編)
◎ この子にあった保育指導シリーズ (現代と保育編集部編)
◎ 読み物・エッセイ あったかくて味わい深い。通勤時に気軽に読めるとっておき読み物
◎ イラスト・カット集 (ゆうゆうイラスト工房著)
◎ あそび・絵本
◎ 子育て支援
◎ 保育実践記録
◎ 保育ライブシリーズ いま輝きを増す日本の保育運動のあゆみと実践の魅力
◎ 学校教育・学童保育実践・公民館
◎ 子ども虐待に立ち向かう
◎ ルポルタージュ
◎ 写 真
◎ 保育の環境
◎ ちいさいなかま社の本
◎ 和光鶴川幼稚園の本
◎ 年齢別保育研究
ひとなる書房
〒113-0033 東京都文京区本郷2-17-13 1F
TEL 03-3811-1372 FAX 03-3811-1383
E-mail hitonaru@alles.or.jp